旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

外国にてプロバイダ契約をするということ。

c0229234_0204764.jpg
E-620/ Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6

アパートを探している際、条件のひとつにしたのはインターネットが出来るということ。無線LANが可能というアパートもいくつかありましたが、わたしのアパートでも"internet can be activated easily"=インターネットを簡単に開設できるようになります、とあったので決めました。

ところがところが。
ドイツに着いてからもうすぐ二週間になりますが、未だにアパートではネットが出来ず。家でブログの文章を書いたりメールの返信原稿を作っては会社で就業前や昼休み、帰宅前にちょこちょこ更新したりメールを送ったりしています。

こんなはずじゃなかったのに!
プロバイダ契約までの道は下記の通りです。

①アパート引渡し時に、家主にインターネット開設方法を尋ねる。「ああ、このアウトレットにケーブルを差し込んでどうのこうの...」という返事を期待していたところ現実には「こことここのプロバイダーがいいんじゃないかな。電話番号はここね」と言われる。自分でプロバイダと契約しないといけないと判明し、しばし呆然。話がちがーう!しかし、"activated easily"ということは簡単に手続できるのだろうと楽観視。

②おすすめプロバイダその1に電話。どうやら通常は2年の長期契約からしか受け付けないらしいが、頭金50ユーロを払えばいつでもキャンセルできるという契約があるらしい。数ヶ月しか住まないし、仕方ないからそのコースで契約しますよ、と電話窓口に伝える。
「では契約にはパスポート番号を...」え?パスポート?会社にパスポート持ってきているわけじゃないし...。
アパートから持ってきて明日また電話することに。

③パスポートは持った。今度こそプロバイダ契約!もう頼みますよ、と電話。
コースは頭金50ユーロの分で、電話回線は不要です、とここまでは順調。いざ開設...と思いきや「ドイツでの銀行口座を教えてください」と言われる。銀行口座?そんなものはありません。クレジットカードで払えないんですか?と電話でゴネるも、口座がないと無理とのこと。
銀行口座なんて面倒くさい...と嘆きたくなるが、口座を開くしかないと諦める。

④口座を開くにはA.住民票 B.就労ビザ C.パスポートが必要。住民票は市役所(Stadthaus)に行ったところ問題なく手に入ったが、問題は就労ビザ。外国人局(Auslanderamt)にて取得しないといけないが、予約がなかなかとれない。ネット予約が可能なので一度申し込んだところ、市役所で住民票がまだ登録されていないとかで「Herr Nekoshima、再度予約をお願いします」との事務的メールが。
市役所、仕事が遅い!しかも、HerrじゃなくてFrauleinなのに。日本人の名前の性別がわかるわけがないし、MarioとかAntonioとかoで終わる男性名は多いし、○○子が男性に間違えられても仕方ないよね...自分に言い聞かせるが、ミスターと間違えられたことにも腹が立って仕方がない。

⑤ようやく予約がとれ、Auslanderamtで無事ビザゲット。銀行では英語が話せる人が無事みつかり、意外とあっさり口座開設。維持費として三ヶ月ごとに数ユーロかかるとのことだけど、長期間ドイツ滞在するわけじゃないし、まあいいか。
Sparkasse銀行のMartinさん、親切にありがとう。

⑥ようやく必要な書類が全て手に入ったので、再度プロバイダに電話。窓口のおにーさんは英語が苦手だそうで、英語が得意な人からの折り返しをしばし待つ。「パスポート番号は?」はいはい、パスポートは手元にあります。XXXXXです。「コースは?」頭金ありの分で。「銀行口座は?」きかれると思っていました。今日口座開いたばっかりですよ。
ようやくこれで...と思ったら、開設までは今日から2-3週間かかるとか。これが本日11月27日の出来事。

というわけで、12月半ばにならないとアパートではネットが出来ない模様です。クリスマスシーズン本格突入までに工事してもらわないと年明けまで出来ない気がするので、なんとか早めに工事を入れてほしいところ。

ここを読まれている方。留学でも出張でも、短期間ドイツに住むことになり家具付アパートを探すことがあれば、最初からネットがついているところを選んだ方がよいですよ。短期契約は高いし、自分でプロバイダ契約するのはとっても面倒ですよ。

心からの実感です。

拍手ボタン

[PR]
by monisha | 2009-11-28 02:16 | ドイツ生活