旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

モンシャウからの道~中編

c0229234_16571347.jpg
c0229234_16573459.jpg
c0229234_1795444.jpg
 三点ともE-620/ Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6

モンシャウ小旅行の続きです。前編はこちら

帰り道はベルギー経由。モンシャウからバスでEupen=(ドイツ語読みだとオイペンだけどフランス語だとユーペン?)まで行き、そこから電車でリエージュまで。リエージュからはICでケルンまで行きます。

モンシャウでバスに乗ったとき、オイペン駅で降りると運転手さんに伝えたしもう大丈夫。居眠りしても大丈夫なくらいやろ。
そう思っていたのが間違いでした。ベルギーの国旗の標識が見えたし、もう国境越えた。駅はどこだろう?そう思ってキョロキョロしていると、ふと乗客が一人立ち運転手さんに話しかけています。なんだか気になって耳をすましているとバーンホフという単語がきこえます。Bahnhof!駅だ!慌ててわたしも立ち上がり、続いて降りました。あの男性もたまたま駅で降りなければわたしはどこまで行っ
ていたんだろう。ラッキーでした。

さて、駅は思っていたより小さな施設でした。ホームが二つしかないけど、念のためリエージュ行きの電車はどのホームか確かめよう。これは正解でした。日程表を見せリエージュ行きの電車の到着ホームをきくと、駅員さんは眼鏡を上げながら冷静に答えました。
「その電車は運行していませんよ。リエージュに行きたいのなら今見えているあの電車にのってヴァービエールで乗り換えです。おや、電車はあと一分で出発ですね」
なにぃ!えらいこっちゃ。
頭が真っ白になりながらホームを全力疾走です。

電車の扉の前には車掌さんが立っています。これ、リエージュに行きますよねと念のため再確認。
「Oui,xxxxxxx change xxxxヴァービエール xxx」
ヴァービエール?さっきもきいた場所?そこからリエージュにどうやって行くかはさっぱりわかりませんが、とりあえずこの電車に乗るのは間違いない模様。キョロキョロしながら座りました。

●ヴァービエールと聞こえたような気がしたけど、本当にあっているのか。
●その駅で無事降りられるのか。そもそも名前を聞き違えていたらそのような駅は存在しないし。
●無事降りられたとして、リエージュまでどの電車に乗ればいいかわかるか。
●リエージュまで無事行けたとしても、予約してあるケルン行きのICの時間に間に合うのか。間に合わなかったら、次のケルン行きの電車はすぐにあるのか。
●結局、今日中に家に到着するのか。万が一間に合わなかったら、どこで泊まればいい?お泊まりグッズなんて持っているわけないし、コンタクトをどうやって外すのか。

不安が山積みです。
[PR]
by monisha | 2009-11-30 16:58 | Monschau