旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

中世への旅~後編

ジークブルクの中世風クリスマスマーケット後編です。

さて、屋台を見たり写真を撮ったりパンを食べたりする内に音楽が聞こえてきました。しかも生の音。ステージ前には人がひしめきあっています。女性三人組のバンドの奏でる音でした。赤い服の女性を見た途端、「ドラクエの僧侶」という言葉が頭を過ぎりました。たしか僧侶の服は黒か紺だったような気がするのですが、何故でしょう。緑の女性はなんだろう。武道家?グレーのコートを着た女性は多分魔道師、しかも黒。DQとFFが頭の中でゴッチャゴチャです。
c0229234_1775610.jpg
c0229234_1781236.jpg
c0229234_1782798.jpg


彼女たちが演奏しているのはとにかく明るく愉快な音楽。本当に時代考証に忠実な音楽かどうかわかりませんが、村祭りで村民たちが踊り歌う姿が思い浮かびます。
カメラだと画像だけで音声がないのが本当に残念です。この日の音楽もそうですが、毎日朝食を食べる頃に聞こえる教会の鐘、街角の大道芸人の奏でる哀愁漂うアコーディオン。録音したいものがたくさんです。ICレコーダーを持ってくればよかった。E-620でなくE-P1だったらこんなとき動画も撮れるのに...と思ってしまいます。

またしばらくすると次の舞台が始まりました。今度も三人組ですが、男性二人に女性一人になりました。
持っている楽器はバグパイプ?スコットランドの伝統的楽器だと思っていましたが、ドイツでも演奏するのでしょうか。キャンディ・キャンディでは確か丘の上の王子様が演奏するバグパイプを「かたつむりみたいな音」と表現していました。わたしはバグパイプはなんだかノスタルジックに聞こえます。楽しそうだったり切なそうだったり曲によって雰囲気は異なりますが、バグパイプの奏でる音はどこか昔懐かしいです。スコットランドと何の縁もないわたしがそう思うんだから、スコティッシュの人にとっては尚更思い出深い楽器なのかもしれません。この日の曲は楽しげかつ激しい感じでした。
c0229234_1795760.jpg


リーダーは帽子をかぶった男性。舞台慣れしていると思われる、お腹から出る朗々とした声で観客を盛り上げていました。しかし、中世というよりロシア風に見えるのは首もとの毛皮のせい?
c0229234_17104618.jpg


リーダーの紹介により登場したのは東洋人の女性。最近見かけるのはドイツ人ばかりでアジア人を滅多に見かけないせいか、とても若く可愛らしく見えました。東洋人は年齢不詳といわれるのになんだか納得です。炎を使った演技に観客は大盛り上がりでした。
c0229234_17112215.jpg
c0229234_17113324.jpg


次に登場したのはこの少年。ジャグリングを披露してくれました。時々、棒(ボーリングのピンみたいなもの)をつかみ損ねていましたが、まあご愛嬌。緊張は微塵も感じられず、成功したときはニッコリではなくニヤっと笑っていました。Smileではなくgrinです。地元の子なのか旅芸人なのかわかりませんが、この子、学校でモテるんじゃないかなあ。ドイツの小学校に掃除当番があるか知りませんが、もしあったとしたらサボりそうなタイプ。女の子とケンカしつつも密かに人気があるような...とかいうと妄想がふくらみすぎです。
c0229234_17114656.jpg
c0229234_1711588.jpg


舞台が終わったのは17時前。もう完全に暗くなり、寒さも増していました。気づくと、たき火を人々が囲っています。暖かそうな衣装をまとった女性が火を管理していました。
c0229234_17122137.jpg


雨とそれ故の暗さがとにかく残念でしたが、ジークブルクのマーケットは本当に楽しかったです。お店の人たちのコスプレを見るのも楽しかったですが、なんといってもステージ。ボンのマーケットでも舞台がありましたが、演奏しているのは中学生などの素人。そういった舞台も味があるのですが、やはりプロのきちんとした演技は見ごたえがありました。

大人も子どもも楽しめる一風変わったマーケット。12月にフランクフルトやケルン、ボンなどにお越しの際は是非立ち寄ってみてください。ボンからは10km、ケルンからは26km。どちらからも、電車でアクセス可能です。

Mittelalterlicher Weihnachtsmarkt
Marktplatz
53721 Siegburg
日程:2009年は11月28日より12月22日まで
時間:11:00-20:00
※日程は毎年異なるかもしれないので、要注意!
[PR]
by monisha | 2009-12-10 16:52 | Bonn