旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

ブラッセル小旅行~その2

c0229234_2022344.jpg
c0229234_20224645.jpg


ホテルにチェックインし、一休みしてから証券広場でのクリスマスマーケットへと足を運びました。感想は...ドイツと共通点が多く、ベルギーだからこそというのはあまりないように思います。グリューワインやソーセージはここでも売っていました。ただ、お菓子のデコレーションのセンスはベルギーの方が上のようです。ドイツのレープクーヘンのデコレーションは派手というか、色使いが毒々しように正直思いました。食用色素たっぷり使いました!という感じ。ブラッセルのマーケットでみつけた手袋の形をしたクッキーは、シンプルに水色と白だけです。
c0229234_20231059.jpg
コッヘムのマーケットで見たレープクーヘン
c0229234_2023205.jpg
ブラッセルのマーケットのクッキー

グラン・プラスの方からにぎやかな音楽が聞こえます。行ってみると、光と音楽によるショーをしていました。ディズニーランドのハロウィーンに行ったときも見たことのあるもので、光を当てて建物に模様を浮かび上がらせるというものです。綺麗だったけれども、寒くてだんだん疲れてきました。食事のためGaleries St.Hubertへ向かいました。

サンチュベールの前のPlace Espagne(スペイン広場)でマーケットがまだ開いていたので、ちょっと立ち寄りました。わたしの持っているガイドブックには載っていませんが、ここでは手作りの工芸品を中心とした小さいマーケットが開かれています。グランプラスから目と鼻の先だし、お勧めスポットです。今年の春訪れたときは金属製のネコを衝動買いしました。今は東京のマンションの玄関で留守宅を守っています。何も買わないつもりでしたが、このドラゴンを見つけ買ってしまいました。8ユーロです。今でも好きかどうか知りませんが、高校生の頃の兄はこういったドラゴンなど怪しげなものをよく買っていたので、お土産のつもりです。いらないと言われたら、わたしがもらおうっと。
c0229234_20234183.jpg
c0229234_20235717.jpg


目的としていたサンチュベール内にあるCafe de Vaudevilleの扉は閉まっていました。まさか土曜の晩なのに閉まっている??諦めきれずウロウロキョロキョロしてみたところ、一階の奥には電気が点いていました。思い切ってドアを押してみると開きました。閉店いているんだったら不用心すぎる。ひょっとして開いてる?
"Bon jour!"大きな声で呼びかけたら白衣のコックさんが何事かとのぞきにきました。
「レストランって開いてます?二階に上がっていいですか?」
「もちろん!どうぞ」
あー、よかったと二階に上がっていきます。

「こんばんは。今からお食事って出来ますか?」
「今からですか。何名様でいらっしゃいますか?」
「わたし一人です」
「少々お待ちください。...こちらへどうぞ」
予約席だらけでしたが、二人用のテーブルが空いていました。ランチも素敵なところに行きましたが、よく考えたら一人旅できちんとしたレストランに行くのは初めてかも。実行前は妙にドキドキしていましたが、やってみると意外とすんなりでした。流石にミシュランの星付きに一人で入る勇気はないけれど、そこまで格が高いところでなければOK。来年パリに行くときも素敵なビストロかレストランに入ってみようっと。

このカフェには今年の春にも来ました。新潮社の『旅』のベルギー特集にあったダーム・ブランシェの写真が素敵で来たのですが、食事ワッフルでお腹いっぱいになってしまいデザートに辿り着けず。今度こそはと思い、また来ました。でも、晩なのにデザートだけはまずいかな。スープとベルギー名物の海老入りクリームコロッケも頼もう。両方とも前菜扱いになっているし、たいした量じゃなかろう。
と思っていましたが、トマトスープがものすごいボリューム。これとパンだけで十分お腹いっぱいになりそう。残すのはもったいなかったので、四分の三は頂きましたが既に苦しい。コロッケが小さめサイズだったのが幸いでした。
c0229234_20245215.jpg


食事後、ゆっくり水を飲んで時間を稼いでからこのために来たんだからとダーム・ブランシェをオーダー。期待に胸がふくらみます。出てきたものは...期待が裏切られてしまいました。雑誌の写真では芸術的にソースがかかっていたのに、チョコレートソースは別添え。あれれ?シェフが変わった?それともあの飾りつけは雑誌用?味は美味しかったのになんとなくガッカリしてしまいました。とはいうものの、全体的に感じのいいお店でした。ウェイターさんたちはニコニコしているし、何か頼んでいたものが遅れたときは必ず謝ってくれる。日本で当たり前の接客はヨーロッパでは必ずしも常識でないので。子ども連れの家族も見かけましたが、子どもたちは皆行儀がよかったです。かと思うと、素敵な服装の熟年夫婦も。味はBelga Queenに軍杯が上がりますが、雰囲気はどちらも違った意味でよいです。
c0229234_2025451.jpg


Cafe de Vaudeville
Galerie de la Reine 11
1000 Brussels ( City )
Phone: 02.511.23.45
Fax: 02.512.40.77
定休日なし(但し、日曜は20時閉店)
[PR]
by monisha | 2009-12-16 20:20 | Bruxelles