旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

日々の食卓その3

ブログに書いた記事のうち、メールをくださった方々から一番好評なのが日々の食卓シリーズ。旅行でなく、実際に住んでいないと体験できないことだからでしょうか。ありがたいお言葉にお応えし、更にうちご飯をご紹介します。

ドイツではBIO製品、つまり有機食品が非常に多く見られます。国家認定製品には六角形のマークがパッケージに付与されます。野菜はもちろん肉類に牛乳やチーズなどの乳製品、卵、パン…ありとあらゆる食品にBIOマークが見られます。BIO製品専門のスーパーがあるほど。たまごの写真を二つ貼りますが、下の黄色いパッケージのものがBIO卵です。ただ、わたしはパッケージは上の方が好みです。色や写真がキュート。
c0229234_17555423.jpg
c0229234_1756972.jpg



普通の食材だけではなく、おやつにもBIOマークが付与されます。このポテチがそう。ヘルシーなんだかそうじゃないんだか。BIOだからなのか理由はよくわかりませんが、三種類ほど食べたチップスのうちこれが一番美味しかったです。油切れがよく、塩加減もきつくない。ほのかな胡椒風味が食欲をそそります。
c0229234_17571574.jpg



わたしはグレープフルーツジュースが大好きです。冷蔵庫内に常にグレープフルーツジュースを入れておく習慣が出来たのはアメリカに住んでいた頃。安かったし、家族中が好きだったからです。ホテルで朝食をとるときは大抵の場合グレープフルーツを選びます。カンボジアに行ったときはさすがに例外で、マンゴーやパパイアなどトロピカルフルーツのジュースばかり飲んでいたけれども。ドイツに来てからいくつかグレープフルーツジュースを買いましたが、EdekaのRio Grandeシリーズが一番好きです。週2-3本は飲んでいるかも。100% direkt gepresster Saftと書いてあるので、濃縮還元ではないいわゆるストレート果汁なのかと推測しています。ちゃんとすっぱいのに後から甘みが出てくる感じですっきりと飲めます。朝食に最適。りんごジュースもさわやかな甘みで美味しかったです。パイナップルは…かーなり甘くドロっとした感じ。わたしには甘すぎです。
c0229234_17573023.jpg



ドイツではチーズの種類も量も本当に豊富。普通のスーパーでも相当の量ですが、デパートの方がもっと多いように思います。わたしはサンタンドレ(St. Andre)とかカプリスデデュー(Caprice des Dieux)のようなクリーミーな白カビ系が好き。ドイツに来てからなるべく日本ではあまり見たことのないものを中心に、いろいろなカマンベールやブリーチーズを試しましたが、今のところ一番気に入っているのがBoursault。すごく濃厚でバターのようなコク。ナイフを入れると中からチーズがとろっとこぼれ出します。チーズ通の方は山羊とか匂いのきついものがお好きなようですが、わたしは匂いの強いものはまだ苦手です。大人になったら菜の花の辛し和えが好きになったように、そのうち好みもかわるのでしょうか。
c0229234_17575154.jpg
c0229234_1758033.jpg


日々の食卓その4も気長にお待ちください。
[PR]
by monisha | 2009-12-29 16:57 | ドイツ生活