旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

イタリア旅行27~フィレンツェ編~リベンジ

c0229234_738281.jpg

All 4 pics shot with E-620/ Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6
これぞジェラート。ウフィッツィのカフェとは正直なところ雲泥の差です。

芸術を堪能した後は小腹が空きました。元々、ランチのパスタが少なめだったんです。
で、おやつに念願のジェラートをいただきました。

ウフィッツィ美術館のカフェでのジェラートに納得できず、この日は一日中ジェラテリアに目が行っていました。あるお店は色合いが鮮やかすぎて妙に毒々しい。あるお店はバラエティーが少なめ。あるお店は逆にやたら種類が多い。
お店によって様々ですが、共通しているのはどこのジェラテリアにも店内で食べられるスペースがあるということ。これだったら冬の寒空の下でも平気です。なんで前回イタリアに来たときにイートインできることに気づかなかったのか、不思議でなりません。

結局入ったのは、ポンテヴェッキオたもとのピッティ側にある小さなお店。歩きつかれたので適当に選びました。ジェラートの種類は迷った挙句に、オーソドックスなストロベリーやチョコレートではなく、イタリアでしか食べられなさそうなパンナコッタを選びました。
さーてと、いただきまーす。


ん!お、おいしい。これこれ、これだ!本国イタリアで食べるジェラートなんだからこれくらい美味しくないと!

パンナコッタはミルクベースにたっぷりキャラメルソース入りです。味が濃厚だしもちろん甘いのですが、のどが焼けつくほど甘いわけではありません。食感はなめらか。
ウフィッツィのジェラートとこのジェラートを同じ名前で呼ぶのには抵抗があります。比べるとあっちはジェラートの名を騙った偽物と呼びたくなります。あー、あんまり美味しいので他の種類のジェラートも食べたくなってきました。明日また別のお店に行こうかなあ。
幸せなひとときです。

検索したら、日本ジェラート協会なるものがあることを知りました。帰国したらどこかに行ってみようかと考えています。
http://www.italiangelato-kyokai.com/

アルノ川の景色。夕暮れどきは、刻一刻と光の色も量も変わっていきます。
c0229234_7393835.jpg

c0229234_7395646.jpg

c0229234_7401439.jpg


拍手ボタン

[PR]
by monisha | 2010-03-10 07:43 | Firenze