旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

王の見た夢~ノイシュヴァンシュタイン城

c0229234_744389.jpg
c0229234_7442782.jpg
E-620/ Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6
ディズニーのお城そのもの...と言われていますが、ノイシュヴァンシュタインをモデルにしたのは眠りの森の美女のお城。東京ディズニーランドはシンデレラ城なので、少しデザインが違います。
ネットで読みましたが、ウォルト・ディズニーがルーズベルトやチャーチルにノイシュヴァンシュタインを爆撃しないようにお願いした...という都市伝説があるとか。周りには山しかないので爆撃しても被害が少ないから効率が悪い...というのが真相のような気がします。


予想通り旅行記を書く時間がありませんでしたので、先に写真をご紹介。今回のミュンヘン旅行のハイライト、白鳥城ことSchloss Neuschwansteinです。

ノイシュヴァンシュタインはバイエルン王、ルートヴィヒ二世の夢の結晶。その外観から古いお城のように見えますが、実は建てられたのは19世紀後半です。日本でいうと明治時代にあたります。トリスタンにローエングリン、パルシファルなど、中世の騎士伝説やワーグナーの歌劇に傾倒した王。恋焦がれた伝説の世界を形にしたのがこの城です。
ルートヴィヒ自身はこの城を自分だけの世界と捉えていたようで、自分の死後は全ての城を破壊するようにと命じていたそうです。しかし、巨額の建築費が注ぎこまれた城。王の願いは空しく、死後わずか数週間で一般公開が始まったそうです。

さて、わたしの感想は。
外観が美しいということには全面的に同意。Nothing but beautifulです。しかし、正直なところ感銘はあまり受けず全体的に"作りごと"や"虚構"という印象を強く受けました。
混雑対策のためだと思いますが、城内見学はガイド付きのツアーのみ。部屋に入るごとに解説があり、解説が終わり次第次の部屋へ三十人ほどでゾロゾロ移動します。自由行動は全くゼロで、シンデレラ城ミステリーツアーのごとくディズニーランドのアトラクションを見学しているような気分になりました。
二つ目の理由は、生活感が全くないこと。ルートヴィヒ二世が実際にノイシュヴァンシュタインに滞在したのは半年以下だそうです。王一人に対して召使は五十人いたそうですが、誰かが実際に住んでいた気配は全くありません。使われることなく、新築のまま放棄された建物。少々寒々しい感じがしました。

では、バスツアーでミュンヘンから一日がかりで行く価値はなかった?そんなことはありません。
せっかく半年ドイツに滞在しているのに、かの有名なお城に行けなかったらそれこそ残念だったと思いますし、その"作りごと"的な雰囲気こそがノイシュヴァンシュタインの興味深い点でもあるのだと思います。わたしはあまり感動しなかったけれど、ノイシュヴァンシュタインこそがわたしのドイツ旅行の一番の思い出!という方もたくさんいらっしゃることでしょう。

…中世を舞台にした映画村に来たような。
…ルートヴィヒ二世の夢の中に迷いこんでしまったような。

城から受けた印象をなんと表現すればよいのかわかりません。お伽話の世界そのものの白亜の城、是非ご自身で確かめてみてください。
[PR]
by monisha | 2010-03-18 07:47 | München