旅、ときどきネコ

cestopis.exblog.jp

個人旅行、一人旅大好き。デジタル一眼レフによる旅先の思い出を中心に時々ネコの写真です。09年11月から半年間はドイツ滞在記をupしていました。

ひとりアフタヌーンティー

エキサイトブログでは、サイトに辿り着かれた方がどういったキーワードを利用したのかがわかるようになっています。時々、なぜこの言葉で??と首をかしげたくなるものもありますが、わりとコンスタントに登場するのが「ひとりでアフタヌーンティー」。2010年にロンドンに行ったとき、ランドマークホテルで一人ティーしたのでそのときの記事が検索に引っ掛かるみたいです。
ロンドン旅行7~アフタヌーンティー前編
ロンドン旅行8~アフタヌーンティー後編

c0229234_2022476.jpg
Four Seasons Hotel Park LaneのEnglish Afternoon Tea。一人32ポンドなり。...いいお値段です。スコーンは上の段にある白いナプキンに冷めないように包まれています。ケーキはある程度スコーンとサンドイッチが減ったところで、持ってきてくれました。

ロンドンに一人旅するので、せっかくだからアフタヌーンティーしてみたい。旅行自体には友達と行くけれども、途中で別行動するときに一人アフタヌーンティーしたい。出張でロンドンに行くので、空き時間にアフタヌーンティーしたい。最近ロンドンに引っ越したので、まだ知り合いは少ないけど一度アフタヌーンティーしてみたい。
...なんて方が検索するのかなあ、と想像しています。

ひとりでアフタヌーンティーしても何ら問題ないと思います。
少しドレスアップして、美味しいお茶、たっぷりクロテッドクリームをのせたスコーンに苺ジャム、サンドイッチなどを食べながらのんびり過ごす...そういった状況に憧れを少しでもお持ちでしたら、是非ともチャレンジを。せっかくやりたいという気持ちがあるのに、周りの目が気になるとか、恥ずかしいといった理由で諦めてしまうのは少しもったいないような気もしますし。

...とはいっても、一人アフタヌーンティーをしても浮かない?おかしくない?変な目で見られない?と心配する方は世の中結構たくさんいるみたいです。似たような相談をしている英語サイトを見かけました。

Trip Advisorにあったタイトルそのまんま、"Can you do afternoon tea alone in London"というポスト。
Trip Advisorでもうひとつ見つけました。"Afternoon tea for the solo diner"というポスト。一人旅をしているひとのことを"solo traveller"というように、一人ご飯するひとのことを"solo diner"と呼んでいます。

両方のポストで共通しているのは、投稿者のみなさん"Go for it!"=「やっちゃいなよ!」という励ますような明るいトーンであること。ロンドンは大都会だからお客さんは他人のことなんて気にしていないよ、わたしもやったことあるけど居心地悪く感じたことない、自分がアフタヌーンティーしているときに地元客らしき一人客見たことあるよ、等々の意見がありました。

他のお客さんのことを周りは気にしていないというのは、本当だと思います。すごーく素敵な場所なのにあまりにも汚い服装でいたらちらっと見るかもしれませんし(と言いつつ、わたし自身スニーカーでランドマークホテルに行ってしまいましたが。...すみません)、あまりにもはしゃいでいたらそちらの方に自然と目が行ってしまうかもしれませんが、あくまでもチラ見程度。一人客の方が静かにお茶をしているからといって、じろじろ見ることはまずありません。その方がめーっちゃ美人もしくは男前でしたら、違う意味で気になってチラ見することはあるかもしれませんが...。

Trip Advisorでもうひとつみなさん共通していたのは、人気・有名ホテルは予約した方がいいよ、ということ。たしかに、せっかく行ったのに満席ですとかなりがっかりです。でも、ホテルに直接メールもしくは電話は敷居が高いですよね。そういった方には、アフタヌーンティー専門サイトがあります。名前はストレートに、Afternoontea.co.uk。各ティールーム営業時間、メニューの価格、空き状況などが載っていてとても便利。25%オフ、シャンパン無料サービスなど期間限定キャンペーンが掲載されている場合も。今は五輪期間中で市内は閑古鳥がないているせいか、どこも大サービス中です。

どうぞ楽しいティータイムを!

拍手ボタン

[PR]
by monisha | 2012-08-10 20:30 | London